自覚症状がない肝臓病の怖さ|ペットの健康を守る方法を知っておく

日本犬を購入するなら

柴犬

犬舎を見学するのも大切

柴犬は日本古来の犬種でピンと立った耳とくるりと巻いたしっぽが特徴です。性質は活発で学習能力が高く主人に従順なため、昔は狩猟犬として育てられていました。今でもペットとして人気の犬種で外国でも多く飼われています。色は赤や黒、白、赤胡麻、黒胡麻、胡麻などがあります。胡麻とは複数の色が混じったもので、たとえば赤色が多い場合は赤胡麻と呼ばれます。柴犬は人気の犬種なのでペットショップではなかなか手に入らないこともあります。その場合は直接ブリーダーから購入することをおすすめします。ブリーダーを選ぶならまず犬舎を見学に行ける距離にあるところを選びましょう。直接犬舎を見学することで柴犬がどんな状態で育っているかを見ることができます。明るく衛生的な犬舎なら柴犬を安心して購入することができます。ブリーダーは育てている柴犬に自信があるからこそ犬舎を喜んで見学させてくれます。しかし反対に犬舎の見学をさせないブリーダーは注意をしたほうがいいでしょう。ひんぱんに柴犬をコンテストなどに出して賞をとっているブリーダーもおすすめです。このようなブリーダーは柴犬の知識なども豊富で良質な犬を育てるのに熱心だからです。賞を取った犬から生まれる子犬は親犬の性格や姿を受け継いでいます。そのほかの犬舎でも柴犬の親は血統書付きがほとんどで性質も形も良い犬がそろっています。その親犬を見ることで子犬の性質や成長した姿を判断することができます。